2017年01月18日

自家製酵母パンまとめ

自家製の酵母液を使った冬のパン作りが自分なりのやり方に落ち着いたので、備忘録代わりにまとめておきます。

( 材料 )
・強力粉・・・250g
・きび砂糖・・・40g

・有塩バター・・・30g

・酵母液・・・130cc


@ 粉ときび砂糖を混ぜる。

A バターを指でちぎって入れ、粉類にすり混ぜてなじませる。さらさらになるまで。

B 酵母液を入れて混ぜ、生地をまとめる。手にべとつかなくなるまで。

C 台の上で10分ほど生地を伸ばして畳み、伸ばして畳みを繰り返す。打ち粉は不要。

D タッパーに入れ、蓋の間にキッチンペーパー(生地から蒸発する水分が蓋の上部に結露して落ち、表面がベトベトになるのを防ぐと同時に保湿する)を挟んで室内のできるだけ暖かい場所に置く。

E ひと晩もしくはそれに近い時間放置。

F 1.5倍程度しか膨らまなくても、生地に細かい気泡が入っていればOK。

G オーブンを予熱(うちのレンジのオーブン機能では220℃で10分)。

H 生地を数回パンチしてガス抜きし、焼きたい形に成形。天板に並べるときは生地と生地の間をくっつけすぎない(焼けている途中で膨らむので)。

I オーブンで焼く(うちのレンジのオーブン機能では8分割生地をほどよく焼くのに210℃で25分)。

J 焼けたら網の上で冷ます。

「ベンチタイム」「二次発酵」の行程を入れても、出来上がりに特に差がなく感じられるので、最近はスルーしちゃっていたり。

20170118.JPG
焼き上がりは一定してこんな感じ。

身の回りの人に「果物の香りがする〜^^」と楽しんで食べてもらう分には問題ないと思います。
発酵の手順が面倒、という理由でパン作りを敬遠していた方にはオススメの手抜き法。
ただ、このやり方で市販のイーストを使って焼いたことはないので、ご了承ください。


タグ:自家製酵母

posted by まさの at 22:20 | TrackBack(0) | 料理

2017年01月16日

過去の書評

2003年から2012年にかけて、日販図書館サービスの図書館向け新刊情報誌『ウィークリー出版情報』に書評を連載していました。
その全部をホームページの「書評」コーナーに掲載し終えましたので、興味のある方はご覧ください。
(アプリの調子が悪く、最近のUP分については本の表紙の画像が貼れていません。様子を見、他のアプリを導入するかどうか検討中です)

書評連載中の2009年、わたしは切迫早産で3か月入院、帝王切開で生んだ長男をひと月後に亡くすという経験をしました。
入院中も退院後も、この書評のお仕事、また書評を書くため読んだ本に、どれだけ励まされたかわかりません。

心が弱ったとき支えになってくれるのは、第一には、自分に関わってくれる人たちです。
でも、相手も生きた人間。
都合が悪かったり、機嫌が悪かったり、具合が悪かったりして、頼るわけにはいかないときもあります。

作家が丹誠こめて綴った文章や言葉、描いた絵は、わたしたちの血肉に息を吹き込み、勇気を与えたり、深慮を促したり、ただ黙って一緒にいてくれたりします。

本をはじめとする創作物は、生きた人間との間に作る思い出と同じか、場合によってはそれ以上に、大切な存在に成り得ます。

感謝の思いを新たにしつつ、わたしも自分の書くものがどこかで誰かの参考になるか、刺激になるか、励ましになることを願い、書き続けたいです。

このブログも、とりあえず誰かのヒマつぶしにはなっているといいのですが^^


タグ:

posted by まさの at 21:51 | TrackBack(0) | お知らせ

2017年01月06日

坊主めくり


201701061.JPG
実家から譲り受けていた百人一首。

2日、実家に遊びに来てくれた親戚の家族と一緒に、坊主めくりをやりました。

子どものころは、お正月といえば大人は花札。
親戚の兄弟とわたしたち姉妹、子ども4人は坊主めくり。

「単純なルールだけど、坊主めくりはすごいんだよ」

今や三児の父となった、昔からもの静かな親戚が、隣に座った奥さんに熱く語っているのがなんだか嬉しかったです^^

坊主めくりで使うのは、百人一首の絵札のみ。
ルールは家によって微妙に違うと思いますが、うちの場合:

・裏返した絵札を中央一か所に積み上げる
・一番最初に札を引く人を決める(その後は時計回りに引いていく)
・殿が出たら、手持ちの札になる
・坊主が出たら、その坊主の札を含めた手持ちの札を、表向きにまとめて中央に捨てる
・姫が出たら、捨て札を自分の手持ちの札として回収できる
・姫が出たとき、捨て札がなければ、もう一回札を引く
・中央の札がなくなった時点で手持ちの札の多い人が勝ち

手持ちの札がたくさん増えたところで坊主を引いたときのショックとか、
何度も続けて坊主を引いたときのショックとか、
お気に入りの姫の札が出て喜んだけど、捨て札がないのでもう一回引いたらその札が坊主だったときのショックとか、

坊主をめぐるショック続出で大いに盛り上がれる正月遊び。

201701062.JPG
「蝉丸を坊主にカウントするかどうか」は家によって分かれるところですね。
子どもの友だちの家では、「畳の縁に色がついてる殿が出たらもう一回札を引く」ルールがあるそうです。

201701063.JPG
しょっぱい顔の西行法師。これが「かこちがほ」なのだろうか。
お隣は、うちでは人気NO1の姫、小野小町。桜の着物がきれいです。


気がつけば、明日は七草。
寒さも増してきたことですし、お粥でお腹を労わりながら、元気に冬を乗り切りましょう。


タグ:正月遊び

posted by まさの at 22:32 | TrackBack(0) | もろもろ