2018年03月14日

俳句2句(2018年3月)


落葉す紺碧の空まとうため

傾ぎくる地軸抱きて長き夜


『俳句生活』2017年版に俳句が2句掲載されました。
「角川全国俳句大賞」に応募すれば、必ず載せて頂けるものです。
この賞には、今年初めて挑戦。
応募総数は自由題が5128組10256句、題詠が3470句。
わたしは自由題1組2句、題詠(地)1句で応募しました。

最初の1句が自由題。次のが題詠に応募した2句の中からピックアップされた1句。
どちらにも★がなく、一次選考にも通らなかったことがわかります。

特別選考委員にまだ「金子兜太」の名前があった号でした。


タグ:俳句

posted by M at 16:02 | 俳句

短歌2首(2018年3月)


進むとき見えない闇を溜めた靴はいてさあ今日どこまで歩く

飢えて赤赤赤塗り重ねる画家のはやる手画布を肉へ変えゆく


短歌生活2017年版に上記の2首が掲載されました。
「角川全国短歌大賞」に応募すれば、必ず載せて頂けるものです。
応募総数は自由題が2266組4532首、題詠が1766首だった由。
わたしは今年も自由題1組2首、題詠(手)1首で応募しました。

最初の1首が自由題、次のが題詠に応募した2首の内からピックアップされた1首。
一次選考に通っていると作品の頭に★マークがつきます。

拙作は今回は★なし。作品掲載のみでした。





posted by M at 15:55 | 短歌

2018年03月11日

草片文庫さん リンク集


茸小説以外にも、幻想小説を発表していらっしゃる草片文庫さん。
関連のブログとサイトをリンク集としてまとめさせていただきました。

自費出版本紹介ブログ「針鼠の本棚
茸小説掲載紹介ブログ「茸小説
幻想怪奇小説紹介ブログ「幻視小説

上記3つのブログは、既刊案内や、下記サイトの更新情報のお知らせが主。


小説掲載サイト(星空文庫)に投稿されている短編は、下記リンクから無料で読めます。

茸小説:作者(草片文庫)
幻視小説:作者(草片文庫)

幻想小説、怪奇小説のお好きな方、時間を忘れて読みふけること請け合いですよ。



タグ: キノコ

posted by M at 14:40 |