2017年10月25日

『BOX ~箱の中に何かいる~ 』3巻あらすじ&読後感想

諸星大二郎『BOX ~箱の中に何かいる~』3巻を読みました。今回で完結!

BOX〜箱の中に何かいる〜(3) (モーニングコミックス)
BOX〜箱の中に何かいる〜(3) (モーニングコミックス)


・・・あらすじ・・・

上がっているかと思うと下がっている「エッシャーの階段」と、遠近感を狂わせるトリックに満ちた「錯視の塔」が次のステージ。
モンスター化した甲田に追われながらも興子はパズルをクリア。
ナビゲーターの魔少女を罠に嵌めてプレイヤーに仕立て、自分たちと一蓮托生の運命にひきずりこむ。
塔の下から現れた最終ステージは巨大な「箱」そのもの。
魔少女はメンバーの誰かにみなを裏切らせてゲームを不成立にさせようともくろむが、興子によって自滅に追い込まれる。
残る興子と光二、惠、神宮の結束は固く、そろって「箱」に要求されたものを与える決断をした。
無事、外に出ることができた4人。
「箱」の中にいるものに自分の一部を与えたことにより、世界は以前と変わっている。
だが戻ってきた4人は、世界の何がどう変わったのかさえわからない。
ただ、それぞれに確かな喪失感と違和感を抱えながら、普通の暮らしに戻っていくのだった。
甲田と山内は「行方不明」。谷夫婦は最初から「存在しなかった」。
「すべて世はこともなし」


↓ここから読後感想(ネタバレ)↓

最終ステージに立ったメンバーに箱が要求したものは、各自が「これさえなければ」という願望を抱いていた対象でした。
光二にとっては死別した兄の存在。惠にとっては男性性。神宮にとっては霊感。興子さんについては(喪失願望があったかどうかわかりませんが)度を越した好奇心。
それらは神宮が「ここに集まった人たちってみんな訳ありですよね」と言った「訳」の部分であり、業と呼んでもいいものでした。
作品として見るなら、それぞれのキャラを立たせていた要素です。

なんにでも興味津々の興子さんは、ギリシャ神話で好奇心に駆られ禁断の箱を開けたパンドラを、徹底したトリックスターに変換したキャラ。
そんな興子さんに導かれて開いた「箱」はいうなれば日本版パンドラの箱。
とすると、最後に出て来た「物凄いもの」は「希望」とも読めます。

「希望」が人を誘い込み、惑わして、各人が背に負い、その重さをかこってはいても、その人をその人たらしめていた荷物を搾取する。
「希望」に利用されたあとの人間には喪失感と、平穏だが見るべきところもない人生が待っている・・・

各人が願望をかなえられてよかったじゃん、と単純には思えない灰色エンドでした。
世界というひとつのパズルは完成しているのだけど、個々のピースの形が知らないうちに変えられてしまった。
それが結局は「こともなし」になってしまう、ということへの無常感。

最近できた政党の名前を思うと、物語の時事性にもびっくり。
すぐれた作品は作者の意図するしないに関わらず、時代と共鳴するものですね。

諸星作品は漫画で読めればそれで大満足なのですが、この作品に関しては質のいい3Dアニメで観てみたいな。錯視が現実化するところとか。


3巻でわたしのお気に入りは次のみっつのシーン。

・いちずな山内
・けなげな神宮
・おちつけ光二

そうそう、自称ナビゲーターの少女の正体は、箱の内部に寄生して、人間が裏切り合ったり愚行に走るさまを見て楽しむ「通り悪魔」でした。
イソウロウグモみたいな悪魔ですね〜
魔少女VS興子さんの最終局面は、囚人ゲーム理論も入っていておもしろかったです。


余談ですが諸星作品の短編『悪魔の煤けた相棒』(『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』所収)に出てくる悪魔のほうは、出番がちょっぴりだけなのが惜しい、いい感じのキャラ。
主人公は悪魔の「煤けた相棒」である男ですが、この男、7年のあいだ髪をくしけずらず体を洗わず・・・
『ロードオブザリング』のアラゴルン、『アナと雪の女王』のハンスクリストフと並んで、わたしの中の三大「におうイケメン」です。
みんな、やることがサラッとかっこいいし、映像やアニメや漫画ではにおいがわからんので気にならないですが、じっさい側にいたら、そりゃもう、くさいんだろうなあ^^

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (朝日コミック文庫)
瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (朝日コミック文庫)





posted by まさの at 19:23 | 漫画

2017年10月12日

清里のキノコ(2017.10.9)

連休最終日、清里自然文化センター主催の「森の特別ガイドウォーク 主の木に会いにいこう」に家族で参加しました。所要時間は1時間半。

201710091.JPG

ガイドさんと一緒でなければ入れない森の中の道なき道を、無理ないペースでウォーキング。
前日よく晴れていたので、スニーカーでも歩けました。


201710092.JPG

見渡す限りドクベニタケの楽園。

でしたが、ほかのキノコの姿もちらほら。


201710093.JPG

ハナイグチ(ジコボウ)

カラマツ林の代名詞。ファンの多い食菌。物思う横顔ふうな老個体。


201710094.JPG

クロトマヤタケ

発汗症状を伴う中毒を起こす毒キノコ。死亡例もあるようです。


201710095.JPG

ニガクリタケ

これも有名な毒キノコ。
クリタケと間違われる、とよく聞きますが、クリタケの傘が栗のような茶色なのに対し、こちらはあきらかに黄色みがかっています。生のときに噛むと超絶!苦いそう。ちょっと試してみたかったですが、今回は撮影にとどめました。


201710096.JPG

これが「主の木」

千手観音のような独特の枝ぶりです。
学者の間でも、まだなんの木なのか同定できていないそう。
ヒメバラモミと、あともう一種類、ガイドさんが候補の樹木名を挙げられましたが、メモしそびれました^^;


201710097.JPG

主のお名前はわからずとも、ガイドさんが貸してくれたレジャーシートを木陰に広げ、傍らでよい時間を過ごさせていただきました。

主の木の場所についてはSNSでの拡散禁止なので、興味のある方は特別ガイドウォークに参加してみて下さいね。


posted by まさの at 12:27 | キノコ

清里のキノコ(2017.10.8)


201710081.JPG

三連休で清里に行ってきました。
画像はポール・スミザー氏デザインによる萌木の村のガーデン。

撮影したキノコたちの中で同定できたものをご紹介しますね。

201710082.JPG

キチチタケ

見つけたとき名前の由来である黄色い乳汁が一滴ついていたので同定できました。乳汁の色は最初は白。毒ではないが辛くてまずいと評判?のキノコ。


201710083.JPG

ツチスギタケ

そこかしこにたくさん発生していました。
食べてなんともない人もいれば、下痢嘔吐など中毒症状の出る人もいるキノコ。『日本の毒きのこ』(長沢栄史:監修)には毒キノコとしてラインナップされています。


201710086.JPG

ヒカゲタケ

ヒトヨタケ科。名前が有名なワライタケもこの仲間で、同じ神経系の毒キノコ。馬のうんちの上に生えていたりする。
官邸に生えて小泉純一郎氏の目に留まったこともあるヒカゲシビレタケは、名前も似ていて毒性も同じですがモエギタケ科の別種。
いずれも採取したら罪に問われるキノコ。


201710084.JPG

ヒトヨタケ

こちらはヒトヨタケ科のヒトヨタケ。
傘が開く前は食べられるそうですが、こちらの個体は開いた傘がすでに黒く溶けかかっています。

201710085.JPG

蹴散らされていたヒトヨタケ幼菌


キノコと見れば蹴飛ばすキノコキッカーどもはどこにでもいるようですヽ(`Д´)ノプンプン

撮影した個体も、帰りに見たら、もう倒されていました。

胞子を拡散したいキノコとしては、蹴られてなんぼ!なんだ、と思いたいですね。

posted by まさの at 11:26 | キノコ