2018年01月31日

『雨の日はお化けがいるから』を読みました



昨年12月に出ていた諸星大二郎『雨の日はお化けがいるから』を読みました。

諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから (ビッグコミックススペシャル)
諸星大二郎劇場 第1集 雨の日はお化けがいるから (ビッグコミックススペシャル)

「諸星大二郎劇場第1集」とあります。第2集が今から楽しみだったり。


冒頭作品は『闇綱祭り』。
世界の均衡を崩したのは、あの夜の綱引きかもしれない…。
一地方に伝わる奇祭とその崩壊を通じ、破たんする世界秩序への不安が描かれます。
現代社会と諸星民俗学との見事な融合。少なくともこの作品における世界の均衡はばっちりです。

短編集なので、ダークな奇譚ありナンセンスギャグあり、ファンには嬉しい詰め合わせの一冊。

特に印象的だった『ゴジラを見た少年』について、ちょっと長く語らせて下さい^^

主人公の少年は、東日本大震災で被災。家と家族を失いました。
彼の中では、DVDで観たゴジラの破壊行為と、震災による被害がシンクロしています。
ゴジラを見た、と主張する少年の言葉を唯一信じてくれたのは、眼帯をした不思議な人物。
彼は「ゴジラは必ず去っていくものだ」と言うのですが…。

少年がラストシーンで直感したことにぞっとして、しばらく二度目が読めませんでした。

主人公にしか見えない、街を襲う巨大な生物といえば、諸星短編の『影の街』が浮かびます。

『影の街』主人公の少年は、自分に都合の悪いものがなくなればいい、と思っている。
そんな折、夢に巨大な異形の姿が現れ、少年の願いを叶えていく。
夢の中でのその破壊行為は、事故や火事の形をとって、現実にリンクしているようです。
やがて知った異形の正体に恐怖する少年ですが、ラストシーンでは、彼が破壊というアグレッシブな現実逃避にすっかり魅せられていることが示唆されます。

いっぽう『ゴジラを見た少年』では、少年の世界を揺るがすのは震災という大自然の驚異。
それから、人間が造り出して以来、制御しようとしてできずにいる、あの存在。
人智を超えた破滅的な力への恐れを、少年はゴジラに仮託して理解しようとするのです。

個人の内面の闇を現実世界に投影したのが『影の街』の影。
現実世界の闇を個人の視界に投影したのが『ゴジラを見た少年』のゴジラ。

「属する世界の破壊」を軸として、一対となる作品だと思いました。

意のままにならない自然を排除してきた人間の営為を、
異形の姿やゴジラに重ねてみると、
ひどく禍々しい写真のネガとポジを合わせてしまった気がします。


ちなみにこの『ゴジラを見た少年』。
ビッグコミック『ゴジラ増刊号』企画に寄せて描かれた作品のため、ゴジラ映画を知らないと、眼帯をした人物が誰なのかわからない。

ゴジラ第一作目に登場する博士らしいので、DVDで借りて観てみました。

ゴジラ(昭和29年度作品) 東宝DVD名作セレクション
ゴジラ(昭和29年度作品) 東宝DVD名作セレクション

最初にゴジラを目撃した少年の家族構成、眼帯の人物=芹沢博士がふらつく相手の背中を支えるシーンが、『ゴジラを見た少年』でオマージュとして使われていました。

映画のキーマンは平田昭彦演じる天才科学者・芹沢博士。
戦時下で恐らく火器によって負傷し、隻目になっています。
科学者=現代の鍛冶師、という含みがあるのかもしれません。
水から生まれた破壊の火であるゴジラVS、火に傷つけられ、水を扱う技術を持った現代の鍛冶師、というところ。

博士自身がゴジラという荒ぶる魂への捧げものだった、という見方もあるでしょう。
映画冒頭で、ゴジラの伝説を知る老人が、生け贄の話をちょっと振っていますしね。
柳田邦男『一目小僧その他』を下敷きにした諸星作品『詔命』(旧題『礎』)や、『鎮守の森』で隻眼となった男のたどる運命が思われる。

戦争で傷つき、自分個人の幸せを諦め、それでもなお善き人である芹沢博士なので、最後の台詞には本当に泣けてしまいました。

ゴジラ第一作も、そのオマージュである『ゴジラを見た少年』も、本当に恐ろしいのですが、未見未読の方にはぜひにとおすすめいたします。


失楽園 (ジャンプスーパーコミックス)
失楽園 (ジャンプスーパーコミックス)
『詔命』が読める諸星漫画『失楽園』

汝、神になれ鬼になれ―諸星大二郎自選短編集 (集英社文庫―コミック版)
汝、神になれ鬼になれ―諸星大二郎自選短編集 (集英社文庫―コミック版)
『鎮守の森』が読める諸星漫画『汝、神になれ鬼になれ』

一目小僧その他 (角川ソフィア文庫)
一目小僧その他 (角川ソフィア文庫)
永遠の参考書・柳田邦男『一目小僧その他』


posted by M at 10:45 | 漫画

2017年10月25日

『BOX ~箱の中に何かいる~ 』3巻あらすじ&読後感想

諸星大二郎『BOX ~箱の中に何かいる~』3巻を読みました。今回で完結!

BOX〜箱の中に何かいる〜(3) (モーニングコミックス)
BOX〜箱の中に何かいる〜(3) (モーニングコミックス)


・・・あらすじ・・・

上がっているかと思うと下がっている「エッシャーの階段」と、遠近感を狂わせるトリックに満ちた「錯視の塔」が次のステージ。
モンスター化した甲田に追われながらも興子はパズルをクリア。
ナビゲーターの魔少女を罠に嵌めてプレイヤーに仕立て、自分たちと一蓮托生の運命にひきずりこむ。
塔の下から現れた最終ステージは巨大な「箱」そのもの。
魔少女はメンバーの誰かにみなを裏切らせてゲームを不成立にさせようともくろむが、興子によって自滅に追い込まれる。
残る興子と光二、惠、神宮の結束は固く、そろって「箱」に要求されたものを与える決断をした。
無事、外に出ることができた4人。
「箱」の中にいるものに自分の一部を与えたことにより、世界は以前と変わっている。
だが戻ってきた4人は、世界の何がどう変わったのかさえわからない。
ただ、それぞれに確かな喪失感と違和感を抱えながら、普通の暮らしに戻っていくのだった。
甲田と山内は「行方不明」。谷夫婦は最初から「存在しなかった」。
「すべて世はこともなし」


↓ここから読後感想(ネタバレ)↓

最終ステージに立ったメンバーに箱が要求したものは、各自が「これさえなければ」という願望を抱いていた対象でした。
光二にとっては死別した兄の存在。惠にとっては男性性。神宮にとっては霊感。興子さんについては(喪失願望があったかどうかわかりませんが)度を越した好奇心。
それらは神宮が「ここに集まった人たちってみんな訳ありですよね」と言った「訳」の部分であり、業と呼んでもいいものでした。
作品として見るなら、それぞれのキャラを立たせていた要素です。

なんにでも興味津々の興子さんは、ギリシャ神話で好奇心に駆られ禁断の箱を開けたパンドラを、徹底したトリックスターに変換したキャラ。
そんな興子さんに導かれて開いた「箱」はいうなれば日本版パンドラの箱。
とすると、最後に出て来た「物凄いもの」は「希望」とも読めます。

「希望」が人を誘い込み、惑わして、各人が背に負い、その重さをかこってはいても、その人をその人たらしめていた荷物を搾取する。
「希望」に利用されたあとの人間には喪失感と、平穏だが見るべきところもない人生が待っている・・・

各人が願望をかなえられてよかったじゃん、と単純には思えない灰色エンドでした。
世界というひとつのパズルは完成しているのだけど、個々のピースの形が知らないうちに変えられてしまった。
それが結局は「こともなし」になってしまう、ということへの無常感。

最近できた政党の名前を思うと、物語の時事性にもびっくり。
すぐれた作品は作者の意図するしないに関わらず、時代と共鳴するものですね。

諸星作品は漫画で読めればそれで大満足なのですが、この作品に関しては質のいい3Dアニメで観てみたいな。錯視が現実化するところとか。


3巻でわたしのお気に入りは次のみっつのシーン。

・いちずな山内
・けなげな神宮
・おちつけ光二

そうそう、自称ナビゲーターの少女の正体は、箱の内部に寄生して、人間が裏切り合ったり愚行に走るさまを見て楽しむ「通り悪魔」でした。
イソウロウグモみたいな悪魔ですね〜
魔少女VS興子さんの最終局面は、囚人ゲーム理論も入っていておもしろかったです。


余談ですが諸星作品の短編『悪魔の煤けた相棒』(『瓜子姫の夜・シンデレラの朝』所収)に出てくる悪魔のほうは、出番がちょっぴりだけなのが惜しい、いい感じのキャラ。
主人公は悪魔の「煤けた相棒」である男ですが、この男、7年のあいだ髪をくしけずらず体を洗わず・・・
『ロードオブザリング』のアラゴルン、『アナと雪の女王』のハンスクリストフと並んで、わたしの中の三大「におうイケメン」です。
みんな、やることがサラッとかっこいいし、映像やアニメや漫画ではにおいがわからんので気にならないですが、じっさい側にいたら、そりゃもう、くさいんだろうなあ^^

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (朝日コミック文庫)
瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (朝日コミック文庫)





posted by M at 19:23 | 漫画

2017年04月30日

『BOX ~箱の中に何かいる~ 』2巻あらすじ&読後感想


※あらすじ・感想とも、ネタバレしています。ご注意下さい※

楽しみにしていた諸星大二郎の『BOX ~箱の中に何かいる~』2巻が発売されました。
掲載誌は読まずにがまんしているので、単行本でまとめて読める喜びはひとしお。
1巻に負けず劣らずおもしろかったです!

BOX~箱の中に何かいる~(2) (モーニング KC)
BOX~箱の中に何かいる~(2) (モーニング KC)

・・・あらすじ・・・

憶病さから「箱」の定めたルールを破ってしまい、異形の生き物に変えられた山内。
自分たちの意志でゲームを下り、安らかに「箱」に取り込まれた谷夫妻。
狡猾な甲田は自分のプレイヤーの権利を興子に押し付けるが、それがルール違反と見なされて人外の姿に。
狂暴化した甲田に追われながら、次のステージを目指す光二、惠、神宮、興子。
ときに喧嘩し、ときに力を合わせて進むうち、四人の間には連帯感が生まれていく。
彼らは全員揃ってゲームをクリアし、無事に外に出ることができるのか。
案内役の少女のみが知る、「箱」の奥で待っている「あれ」とは、どんな存在なのか。
新たな扉の向こうに現れた階段。その通じる先は・・・。


↓ここから読後感想(ネタバレ)↓

霊感少女の神宮が看破したように、訳ありの人間ばかりが集められたデス・ゲーム。
現実世界に居場所を失っていた谷夫妻が「箱」に埋もれてゆく場面は、諸星作品の中でも屈指の切ない別れだと思います。
自分は体は男、心が女の性同一性障害だと光二に告白する惠(やはり女子であったか)。
そんな惠に惹かれ始め、戸惑う光二(かわいい)。
二人の距離感に嫉妬して、拗ねる神宮(来ました三角関係)。
とにかくいつでも事態をまぜっかえす興子(トリックスター)。
とても生死のかかったゲームの最中とは思えないほどほっこりしたチームです。
普通の人間かどうかも怪しい興子さんは別として、若い3人は、それぞれ人としてまっとうで、本当にいい子たち。
諸星作品に出て来るまっとうな青少年の好感度の高さは、英ITVドラマ『刑事フォイル』のフォイルに匹敵します。
それだけに、今後もし誰かが欠けたら辛い。
光二と恵は・・・もう付き合っちゃえ!な感じのいい雰囲気。
BL要素はまさかの山内。命を落としたと思いきや、へんないきものに変えられて、最終的に甲田と合体・・・したのかな、あれは。だったら少しは浮かばれるかもしれません。

3巻の刊行予定は今年の秋だそうです。次でたぶん最終巻。
ハッピーエンドになりそうな予感はあるけど、諸星先生がどう「箱」を畳んで、あるいは開いてくるか。

楽しみでしかたありません^^

posted by M at 00:47 | TrackBack(0) | 漫画