2017年04月16日

『マタイ受難曲』あれこれ

小学生のころ、合唱団に入っていました。
合同演奏会というのがあって、どこかの合唱団が『嘆きつ奥津城(おくつき)に』という歌を歌いました。
なんだかすごい歌があるんだなあ、と驚いたのを覚えています。
歌った合唱団の名前も、歌詞が何語だったのかも忘れてしまいましたが、タイトルだけは、大人になってからも忘れられませんでした。

ある日クラシック好きの父と話していて、ふとこのタイトルのことを口にすると、

「それはバッハの『マタイ受難曲』最終合唱だろう」

と、カール・リヒター指揮によるバッハ『マタイ受難曲』抜粋のテープを貸してくれたのです。

意外なときに意外な人から(父ごめん)むかし惹かれた歌との再会を果たさせてもらったのでした。

その後、カール・リヒター版の全曲録音を聴きました。

『マタイ受難曲』はイエスの受難を描いた宗教音楽のひとつで、バッハの作曲によるものが有名。
十字架刑で死んだイエスを悼む場面が、終曲の最終合唱です。
今は『嘆きつ奥津城に』とは呼ばず、シンプルに『第68曲 合唱』というようです。

宗教音楽といっても、全編を通じて「キリスト教バンザイ!」という調子ではありません。
愛する者の安らかな眠りを願いながら生前の苦悩をしのび、その苦悩を自分のものとして抱いていこうとする静かな決意が、心の深いところに触れてきます。

いちどは生演奏で聴きたいと思っていた『マタイ受難曲』。
バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)(※音声が出るサイト)の公演があると知り、行って来ました。
指揮者はBCJ主催の鈴木雅明。
会場は初台のオペラシティで、席は1階の28列でした。
全曲演奏のため、第1部と第2部の間に休憩を挟み、18:30から3時間以上の長丁場。
ドイツ文化に詳しい編集者のMさんが付き合ってくれました。

リヒター版のように最初の合唱から盛り上がるのを予想していたら、ゆったりと抑えたトーンの、端正なマタイでした。
ふだんクラシックを聴かないド素人のわたしは、同じ曲が指揮者によってこうも印象が違うのか、とびっくり。
ソプラノのハンナ・モリスン、アルトパートを歌うカウンターテナーのロビン・ブレイズの声は後ろの席までばっちり届き、バスの加耒徹によるペテロの3回の否認、ピラトの妻の台詞を歌ったソプラノの女性の声もよく聞こえました。
特にロビン・ブレイズの『アリア 第6曲』、悔悛と悔恨を歌いあげる高く澄んだ声がすばらしく、骨から洗われるような感じがしました。

『第68曲 合唱』が終わったときは22時近く。
久々に会ったMさんと初台の駅で長い立ち話をした後、これまた久々の満員電車で帰宅しました。

今回、演奏を鑑賞するためにひもといた本などを以下にご紹介。

マタイ受難曲
マタイ受難曲
(著:磯山雅)

ひとつひとつの曲について、前後の曲との関連性や背景についての丁寧な解説があり、作品の枠組みを理解するのを助けてくれます。
キリスト者のルイスが『ナルニア国物語』を、遠藤周作が『沈黙』を書いたように、バッハは自分の信仰と神についての思索を『マタイ受難曲』に注ぎ込んだのだ、ということが、この本を読んでわかりました。
バッハは ♯ 記号を十字架とみなして作曲したらしい、などトリビア的な知識も面白かったです。
巻末に『マタイ受難曲』全歌詞(ドイツ語&日本語訳)がついているのもありがたい。

残念ながら版元に在庫なしとのことですが、中古でも手に入れたい一冊。


CDブック NHK 新ドイツ語入門
CDブック NHK 新ドイツ語入門
著:相澤啓一

火星人のピポとドイツ人の女の子ティナの交流を描いたドイツ語教本。
文法、基本単語、会話など、すべての要素が1冊にぎゅっと詰まっていて、第50課まであります。
元はNHKのテレビで放映されていた番組をもとにつくられた本。
著者がこちらで放映時の画像をアップして下さっているので、かわいいピポとティナのパペットアニメーションも視聴可能です。

この本を一課終えてはマタイを聴き・・・の繰り返しで、現在も勉強中。


駈込み訴え
駈込み訴え
著:太宰治

イギリスではイースターに「シムネルケーキ」というマジパン入りフルーツケーキを作る風習があるそうですが、ケーキの上に乗せるマジパンの飾りは11個。なぜ11かというと、イエスの12人の弟子から、ユダを引いた数なのだそうです。
13という数字が不吉なのも、最後の晩餐でイエスを含む13人が食卓についたとき、ユダが13番目の席に座ったからだ、という説が元だとか。

そんな嫌われ者の代名詞のようなユダを、妄執めいた愛の反動でイエスを売る悲しい男として描いた、ユダの一人称小説。
青空文庫でも読めます。

そんなこんな、いろいろな扉を開いてくれたマタイ受難曲。
今後も機会があれば公演に足を運びたいと思います^^

タグ: 音楽会

posted by まさの at 23:39 | TrackBack(0) | 展覧会・音楽会

2016年01月18日

目白に行きました

昨日、高校時代の同期のMちゃん、服部奈々子さん、わたしの3人で目白に集まりました。
まずは目白通り沿いでチェックしたイタリアンレストラン、トリエスティーノでランチ。

自家製生パスタにサラダorスープ、プチデザート、ドリンク付で休日価格、1300円。
わたしは北あかりとキノコのラザニアにサラダ、ドリンクはエスプレッソを頂きました。どれもおいしかったです。
サラダのドレッシングがとてもフルーティで、はまる味。
カフェラテを頼むと、ラテアートをしてくれるようです。この日はうさぎちゃんで可愛かった!

Mちゃんはわたしがお笑い芸人のハウス加賀谷ファンなことを覚えていてくれて、こんな本を貸してくれました。
『統合失調症がやってきた』ハウス加賀谷/松本キック:著(イースト・プレス)
統合失調症がやってきた

加賀谷さんは芸人として復活後、NHK2チャンネル「バリバラ」制作のドラマ「悪夢」で主演をつとめていた姿が忘れがたい。深いドラマでした。

それぞれに近況報告などして盛り上がっているうちにお店が混んできたので、古い絵本と木のおもちゃのお店「貝の小鳥」へ移動。
先日も紹介しましたが、このお店でスペースを借り、服部さんのちいさな個展が開かれているのです。

1601171.jpg
外観。

1601172.jpg
展示のようす。
版画の下に、その版画からイメージしたちいさなおはなしのカードが添えられています。オリジナル小説の制作&販売も手がける、服部さんらしい展示。

1601173.jpg
入口から見た店内(いずれも撮影&ブログ掲載許可頂いております)。

1601174.jpg
服部女史作、カラスウリの花柄の小箱(2000円)をゲット。
前から目をつけていたんですよね。1点ものです。
小箱はもう作らない予定だそうですので、気になる方はお早めに。

店内には、古い絵本や木のおもちゃのほかに、外国製の雑貨も置いてあります。
そして、運命の出会いは、こちらの乳歯入れ(ドイツ製)。1000円。

1601175.jpg
「Milchzähne 」はドイツ語で「乳歯」のこと。
なぜ乳歯入れか?については、長くなるので記事を改めます。

1601176.jpg
2000円以上の購入で、品物をふくろう柄の手提げ紙袋に入れてもらえました。

1601177.jpg
底の部分に7か国語で「環境にやさしくリサイクルできる買い物袋だから繰り返し使ってね!」と書いてあります。これもMade in Germany、ドイツ製でした。
トム・ヴラシアにはまって以来、がぜんドイツのものが気になる。現金なわたし。

とても感じのいいお店のオーナーさんと、ふくろう茶房のお話などもできて楽しかったです!
読まなくなった絵本や児童文学の買い取りも1冊からされるそうなので、家にあるものを持参すれば良かったな。

かわいい展示と落ち着ける雰囲気の店内を堪能し、帰りは目白通り沿いの有名なパティスリー「エーグル・ドゥース」にて、間違いなしの生ケーキのお土産を買って帰ったのでした。

旧知の友だちと知らない町で会い、あたらしい出会いにも恵まれた、嬉しい一日でした。

服部さんの個展は今月末までやっています^0^


タグ: 展覧会

posted by まさの at 13:10 | TrackBack(0) | 展覧会・音楽会

2016年01月17日

「ことみっく」ソングコンサートに行きました

昨日、『ぼくたちのうた 「ことみっく」×「おとみっく」によるソングコンサート」に行きました。会場は立川のたましんRISURUホールの小ホール。全席自由・入場無料。

コンサートチラシによると、「ことみっく」は

「劇団おとみっくの上演する日本語オペラを観に来てくれていた子どもたちの中で、おとみっくメンバーと一緒に歌ったり、踊ったりしたい!という子が集まったのが始まり。その後、4歳から中学生までの子どもたちが集い、林光さん・萩京子さんのソングやオペラを歌ったり演じたりしています。」
とのこと。

子どものお友だちが「ことみっく」に入っていて、今回公演があるのを教えてくれたのです^^

えてして、わが子や顔見知りの子の出番以外は眠気をこらえるのに必死だったりするのが、音楽発表会。
でも、こちらの公演はちょっと違いました。

1曲1曲が、歌うにも聞くにもほどよい長さ。曲想もすてき。
コーラスあり。ソロあり。楽器との掛け合いもあり。
構成が凝っているので、飽きているひまがありませんでした。
何より、心から楽しそうに歌い踊る子どもたちと「おとみっく」団員さんたちの様子に、こちらまで笑顔になってしまいます。
ふだん学校の教室で会っているお友だちの晴れのステージ姿に、子どもも大喜びのひとときでした。
ピアノ演奏もすてきでした。

わたしの心に残った曲は、上演順に

みんなが胸&心を大きくひらいて歌っていた「空気の歌」(詩 朝比奈尚行/曲 萩京子)。

曲がり角を曲がり、今まで歩いてきた道とちょっと違う空間へ踏み出す一瞬を切り出した「あさのまがりかどの歌」(詩 長谷川四郎/曲 萩京子)。

大地とトーキング・ドラムを交わしているような「雨の音楽」(詩 ジョセフ・シーモン・コッターJr/訳 木島始 /曲 林光)。

「ひみつ」(詩 谷川俊太郎/曲 萩京子)でした。

「ひみつ」は、誰もが秘密を持っていることに気づいた少年の不安を描いた谷川俊太郎の詩。
知っているはずのひとが急に他人のように思えてくる「カプグラ症候群」(逆に他人が知人の変装だと思い込むのは「フレゴリの錯覚」)につながりそうな感覚です。
歌と所作で、その詩情が立体的に舞台に再現されていて、おおー!と思いました。
感受性が鋭い、同時にやわらかい子どもたちが、ややダークなメッセージのある作品に触れるのは、とても大事なことに思われます。

「ひみつ」は、谷川俊太郎詩集『はだか』所収です。

はだか―谷川俊太郎詩集

関係者の皆さま、心に残るコンサートをありがとうございました!


タグ:音楽会

posted by まさの at 01:01 | TrackBack(0) | 展覧会・音楽会