2018年07月04日

ブログ引っ越し準備中


暑中お見舞い申し上げます。

現在、ブログの引越し準備中です。
引っ越し先のブログについては、形が整ってからこちらでご報告いたします。

酷暑、天災、人災と落ち着きませんが、皆さまどうぞ取れるときに涼を取り、お体大事にお過ごしください。

posted by M at 10:34 | お知らせ

2018年02月27日

「草片文庫」さんのご紹介


先日、アトリエ・サブリエさんの「猫まつり」会場に伺い、個性的な猫作品の数々を目で堪能させて頂きました(現在、会期は終了しています)。

今回は会場に作品を展示していらした「草片文庫」さんをご紹介しますね。文章も挿画もご自分で手がけ、すてきな本の数々を出していらっしゃいます。

猫の本ももちろん魅力的なのですが、わたしが喰いついてしまったのが、あまたの茸短編小説!

草片文庫」←毎週金曜に茸短編小説をUPされています

ブログ「針鼠の本棚」では既刊の紹介もされています。
茸小説は今後、年に1、2冊のペースで出されるそうですよ。楽しみ〜。

たとえが適切かわからないんですが、吉村昭が幻想怪奇小説を書いたらかくありなむ。と思わされる筆致と、徹底した茸っぷり。すっかりファンになってしまったので、許可を得てリンクもさせて頂きました^^

キノコ
怪奇
文芸

というキーワードで、アンテナにピピッと来た方! 必読です^^



posted by M at 15:55 | お知らせ

2018年01月26日

西沢杏子『猫年2月30日』予約開始!


2月22日に、母が猫にまつわるちょっと切ない短編小説本を出版します。
月刊『ねこ新聞』で2002年10月から2009年3月の間に掲載された8編です。
表紙の猫の絵は、実家で飼っていた猫の一匹、ルリ。
亡姉が子どもの頃に描いたものです。



amazonで予約受け付け始まっています^^

猫と暮らしている人、猫と暮らせなくなった人、自分以外の誰かの悲しみにそっと触れてみたい人、どうぞ読んでみてください。


西沢杏子の既刊詩集と絵本『おちばのプール』は通販も承っております
→ 西沢杏子の本棚 〜虫めづる姥や〜


タグ: 西沢杏子

posted by M at 20:12 | お知らせ