2017年06月30日

イオウイロハシリグモ

梅雨らしくなってきました。

雨の合間に歩いた川べりの葉っぱの上に、ちょっと目立っているクモを発見。

20170630.JPG
イオウイロハシリグモ(雌)

獲物を待っているところのようです。
葉っぱの横幅が約5cm。
なので、この個体の体長(牙の付け根からお尻の糸イボの付け根まで)は2.5cmくらいでしょう。
『日本のクモ』(新海栄一:著 文一総合出版)によると、雌の体長は18〜28mmとあります。
25mmなら、なかなか立派なレディです。

葉っぱの濃い緑を背景に、あえてブラウン一色の濃淡でまとめた、ベルベットのようなボディもすてき。
近くに、ほぼ同じ大きさの個体がもう一匹いました。
姉妹かしら^^

昨年も同じ場所で見かけ、撮影できず残念に思っていました。

今回iPhoneとはいえ画像に収めることができて満足です。


posted by まさの at 09:26 | クモ

2017年06月09日

マツモトハエトリ?とお茶の時間


家の中でたまに会う、元気な個体。

201706081.JPG
何気なく振った右が恐ろしく切れてやがる。

たぶんマツモトハエトリのオス。
最初ウデブトハエトリかと思ったのですが、スレンダーだし、腹部の白い線がないので。

201706082.JPG
はじめてのクモが撮れたので(ピンボケだけど)喜びの一服。
このお茶碗は、西荻窪の陶芸教室T-ROOMS に2度めに参加したとき、子どもが作ったもの。
お茶に泡が立ちすぎなのは見逃してください。

201706083.JPG
お茶受けには、ボールひとつで作れる簡単ケーキ。

家にある粉寒天を使いたくてcookpadを探し、こちらのレシピを見つけて作りました。
わたしは粉寒天&純ココア&バナナ&きび砂糖、メープル入れず、油はサラダ油、豆乳ではなく牛乳で作成。
焼いてから冷やし固めると、ぷにもち食感のチョコケーキで美味^^
お友達にも好評でした。

マツモトハエトリ?色のお茶碗とお菓子でしあわせなお茶の時間でした。

黒い着物でも着れば完璧だったか。


posted by まさの at 00:12 | クモ

2017年06月02日

ヨダンハエトリ

ミスジハエトリやユウレイグモなど、うちで同居しているクモは、地味な色のが多いのですが・・・

201706021.JPG
たまには色気のある(?)個体も遊びに来ます。
ヨダンハエトリ(雄)。

ヨダンは「四段」。
腹部に赤い段ばしごのような線が四本入っていることから。

デジカメ画像では赤と黒のコントラストがきれいだったのに、縮小したら地味になってしまった。クリックで画像大きくなります^^

201706022.JPG
ピンボケですが、かれとわたしの目が合った瞬間。

ハエトリグモの仲間は人間の身近にたくさんいます。
ルックスもホラーっぽくない、むしろかわいい部類。
この夏にクモ嫌いを克服しようかな・・・などと思っている方、ぜひハエトリグモからクモ理解の第一歩を踏み出されてはいかがでしょう。
オススメ本もありますよ!

世にも美しい瞳 ハエトリグモ
世にも美しい瞳 ハエトリグモ

まさに珠玉の写真集。海外のハエトリ写真もあるのが嬉しい。


くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)
くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)

生物学的特徴を正しく描きながらも、この愛らしいキャラの姿!読み聞かせにも。


ハエトリグモハンドブック
ハエトリグモハンドブック

こちらは今月12日の発売待ちです。またうちの本が増える予感^^


タグ: クモ

posted by まさの at 16:21 | クモ