2017年11月15日

イモリとエノキダケ

きょうは実家の両親と、夏に亡くなった姉のお墓参りに行って来ました。

その帰り、川沿いの遊歩道の真ん中にいたイモリを発見。

201711151.JPG
どんな紅葉にも引けを取らないボディカラー

201711152.JPG
間近でみるとすごくかわいいお顔

観光シーズンの遊歩道は人通りが多いので、毎年お仲間のイモリがよくいる場所に連れて行きました。


201711153.JPG
達者でな〜


201711154.JPG
やはり遊歩道近く、切り株の上に生えていたエノキダケ

野生のエノキダケは、柄の感じがベルベットのよう。
英語の名前もそのまんま「ベルベット・シャンク(ベルベットの柄)」。
根元のほうが黒っぽいのも特徴ですが、この角度だとちょっと見えない・・・
きれいな株だったので、根元の色の確認のために一本もぎ取るのも悪い気がして、そのまま撮影。
ムラサキシメジといいエノキダケといい、晩秋のキノコは趣深いです。

「まさのは爬虫類とか両生類とか菌類が好きだねえ」

と苦笑いしてくれる身近なひとがひとりいなくなったことを改めて思わされた日でもあり、

イモリにもエノキにも、その人が引き合わせてくれたのかも、と、柄になく感傷的になったりした日でした。



posted by まさの at 15:09 | 生きもの

2017年10月31日

ヒバカリ

〜〜〜ヘビの画像があるので苦手な方はお気をつけ下さい〜〜〜

近所の川沿いの遊歩道で、ちいさなヘビを見つけました。
ケヤキのうろにちょろちょろ潜り込み、じっとこちらをうかがっているところが可愛かったので撮影。
ヒバカリ(無毒)でした。

201710311.JPG
ヒバカリがよくとるという威嚇姿勢?

画像がちいさくわかりづらいですが、顔を真横にかしげています。白いあたりが鼻(?)づら。


201710312.JPG
右のほっぺをこちらに向けて上を向いているところ

首の下あたりが白いです。ヒバカリの特徴と言われる「白い首輪」を側面から見たかたち。
ミミズと見まごうサイズなので、ヘビが苦手な人でもかわいいと思えるかも!
タグ:生きもの

posted by まさの at 23:16 | 生きもの

2016年09月29日

カマキリとハリガネムシ

(カマキリとその寄生虫・ハリガネムシの画像があります。苦手な方はご注意ください)



今日、家の近くの川沿いの道を歩いていたときのことです。
突然、どこからともなく1匹のカマキリが飛んできました。
そして、ものすごい勢いで川の中にボッチャンとダイブ。
これはもしかして・・・?しまった、デジカメ持ってない!

iPhone片手に見守っていると、カマキリはすぐに岸辺に這い上がりました。
そのお尻から、びゅるんと現れたのは・・・やっぱり!

201609291.JPG
ハリガネムシ。

201609292.JPG
ツルツル出てくる。長いです。

201609293.JPG
カマキリが飛んだはずみに、ハリガネムシはポトリと生み落とされ(画面中央、石畳の横)、

201609294.JPG
クネクネうねって(画面中央の茶色い葉と石畳の間でくるんとしている)、

201609295.JPG
自力で水辺を探り当て(画面上、左端と中央のシダの葉の間に見えるのがハリガネムシの先端。画面右端が川の水面)、

201609297.JPG
川の底に悠々、長々、落ち着きました(画面中央より左寄り)。

201609296.JPG
近くのブロック塀に逃れていた宿主のカマキリ。何を思うのか。

用を済ませ、およそ5分後に同じ場所を通りかかると、カマキリはいなくなっていましたが、ハリガネムシは同じ川底にじっとしていました。
ここでパートナーとめぐり会うチャンスを待つことにしたのかもしれません。

ハリガネムシは、カマキリやカマドウマに寄生する生きもの。
先の月曜、家族と、その変わった生態について話をしたばかりでした。
この時期、道路にたくさんの轢かれたカマキリ&ハリガネムシのペアがいるもので・・・。

ハリガネムシは実は水生。成体は水中で交尾・産卵します。
微細な幼生のときにヤゴなどの水生昆虫に摂取され、その体内で殻をつくって休眠。
水生昆虫が羽化して地上に出、カマキリやカマドウマなどに捕食されると、今度はその体内で寄生生活に入ります。
寄生された昆虫は生殖能力を失うばかりでなく、ハリガネムシが成熟して水の世界に帰りたくなると、タクシー代わりに利用されます。
なんと、水の中に飛び込むよう、脳をコントロールされてしまうとか。

カマキリのものすごい勢いでの入水も、マインドコントロールされたせいなら納得です。
でも、すぐ水から出ようとしたところを見ると、あのカマキリは自分を完全に見失ってはいなかったようです。
宿主の体質によって暗示の利きが悪いとか、コントロール下手なハリガネムシがいるとか、あるのでしょうか。
カマキリが意志強固で、最後の抵抗を試みた可能性もあります。

時間にしたらものの数分ですが、すごいドラマを見てしまいました。




posted by まさの at 23:46 | TrackBack(0) | 生きもの