2017年08月07日

『ベルギー奇想の系譜』を観ました

6日の日曜、家族で『ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』を観てきました。

会期 2017年7月15日(土)〜 9月24日(日)
*7/18(火)、 8/22(火)は休館
開館時間 午前10時〜午後6時(金・土曜日は午後9時まで)*入場は閉館30分前まで
観覧料 一般 1,500円/高大生 1,000円/小中生 700円
会場 Bunkamuraザ・ミュージアム

開場前にちょっとだけ行列。会場内ではスムースに閲覧できました。
展示はT〜Vに分かれていました。

Tは「15-17世紀のフランドル美術」

ヒエロニムス・ボスの工房や、ボスに影響を受けた画家たちの作品が主。
ボス自身の作品はありませんが、「第二のボス」と言われるピーテル・ブリューゲルの原画は『大きな魚は小さな魚を食う』や『七つの大罪』シリーズなど充実。
ルーベンスの原画もあります。ルーベンスが奇想の系譜というのはすこし意外ですが、『反逆天使と戦う天使聖ミカエル』などに登場するマッチョな悪魔たちの姿態は確かに奇想かも。


Uは「19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派、表現主義」

ロップス、クノップフ、デルヴィル、アンソールといった画家の作品中心。
わたしは知らない画家ばかりだったので新鮮でした。
ポーの短編小説に画題を得たデルヴィルの『赤死病の仮面』は本当におそろしい!
アンソールの作品は、とんがった自意識そのままのような筆致が面白かったです。


Vは「20世紀のシュルレアリスムから現代まで」

シュールの御大マグリットらの作品から、2000年代の現代作家らのシュルリアリズム作品。
あざといほどインパクトがあり、皮肉もきいているのは

・肋骨の内側に金塊を入れ、口に絵筆を咥えた状態で吊るされた骸骨の頭が、ティンパニーに単調なリズムを刻む、コーペルスの『ティンパニー』(展示作品は動きませんが、演奏?している動画が見られる)

・肥大化した頭の重さに耐えられなくなった男のブロンズ像、ルルイの『生き残るには脳が足りない』

の2点の立体作品。

絵画では、コルディエの『狂った森』の森の闇が印象に残りました。

分類としてはVですが、展示はトップバッターだったファーブルの『フランダースの騎士(絶望の騎士)』は、たくさんの青い甲虫の死骸でできた騎士の頭部が、戦争につきものの大量死を思わせる作品。

朝、広島の平和祈念式典をテレビで見てから来ただけに、いろいろ考えながら見入ってしまいました。

ボスのルーツであるフランドル地方は、中世に栄えた、オランダ・ベルギー・フランスにまたがる地域の呼称。
肥沃なことから、利権をめぐって抗争の絶えない土地だったそうです。
ボスやボスのシンパが育んだ奇妙で奇抜な芸術は、過酷な現実の中で生きるために必要だったシニカルな哲学のあらわれなのかもしれません。

10歳の子どもも飽きることなく、音声ガイド(520円)を聴きながら、じっくり観ていました。
鑑賞所要時間は1時間20分ほど。

出口を出てすぐのショップで、ついついお買い物^^

201708072.JPG
ルルイの『生き残るには脳が足りない』絵葉書

このブロンズ像にビビッときた方は、諸星大二郎のマンガ『とりかえっ子の話』(『グリムのような物語 スノウホワイト』所収。東京創元社)をぜひ読みましょう。秀作です。

201708071.JPG
一筆箋

人間の苛み手として登場する異形たちはひょうきんで可愛げがあり、妖怪に近いノリ。
宗教画として描かれてはいますが、画家たちの主眼は彼らの生物多様性を描くことにあったようにも思えます。
のっぺりと単調に描かれた人間より、よほど魅力的な異形たち。
彼らはきっと、宗教がついにコントロールしきれなかった人間の本能の落とし子なのでしょう。

奥のほうのショップには、本家のヒエロニムス・ボスの異形グッズがありました。『快楽の園』のツリーマンや椅子に座った悪魔を模したストラップ、フィギュアなど。

久しぶりに渋谷に出たので、宮益坂のビストロ、コンコンブルでランチを食べて帰りました。

201708073.JPG
1000円の日替わりランチ。この日は豚胸肉のトマト煮込み

サラダには名物の人参サラダも乗っています。
デザートのパンプディングはお酒が利いて大人向け。

若いころ渋谷で働いていて、職場の方に、このお店で誕生会をしていただいたことがありました。
なつかしい味です。
会社はなくなってしまいましたが、あのころの皆さん、今もどうぞお元気で^^


posted by まさの at 18:03 | 展覧会・音楽会