2017年04月30日

『BOX ~箱の中に何かいる~ 』2巻あらすじ&読後感想


※あらすじ・感想とも、ネタバレしています。ご注意下さい※

楽しみにしていた諸星大二郎の『BOX ~箱の中に何かいる~』2巻が発売されました。
掲載誌は読まずにがまんしているので、単行本でまとめて読める喜びはひとしお。
1巻に負けず劣らずおもしろかったです!

BOX~箱の中に何かいる~(2) (モーニング KC)
BOX~箱の中に何かいる~(2) (モーニング KC)

・・・あらすじ・・・

憶病さから「箱」の定めたルールを破ってしまい、異形の生き物に変えられた山内。
自分たちの意志でゲームを下り、安らかに「箱」に取り込まれた谷夫妻。
狡猾な甲田は自分のプレイヤーの権利を興子に押し付けるが、それがルール違反と見なされて人外の姿に。
狂暴化した甲田に追われながら、次のステージを目指す光二、惠、神宮、興子。
ときに喧嘩し、ときに力を合わせて進むうち、四人の間には連帯感が生まれていく。
彼らは全員揃ってゲームをクリアし、無事に外に出ることができるのか。
案内役の少女のみが知る、「箱」の奥で待っている「あれ」とは、どんな存在なのか。
新たな扉の向こうに現れた階段。その通じる先は・・・。


↓ここから読後感想(ネタバレ)↓

霊感少女の神宮が看破したように、訳ありの人間ばかりが集められたデス・ゲーム。
現実世界に居場所を失っていた谷夫妻が「箱」に埋もれてゆく場面は、諸星作品の中でも屈指の切ない別れだと思います。
自分は体は男、心が女の性同一性障害だと光二に告白する惠(やはり女子であったか)。
そんな惠に惹かれ始め、戸惑う光二(かわいい)。
二人の距離感に嫉妬して、拗ねる神宮(来ました三角関係)。
とにかくいつでも事態をまぜっかえす興子(トリックスター)。
とても生死のかかったゲームの最中とは思えないほどほっこりしたチームです。
普通の人間かどうかも怪しい興子さんは別として、若い3人は、それぞれ人としてまっとうで、本当にいい子たち。
諸星作品に出て来るまっとうな青少年の好感度の高さは、英ITVドラマ『刑事フォイル』のフォイルに匹敵します。
それだけに、今後もし誰かが欠けたら辛い。
光二と恵は・・・もう付き合っちゃえ!な感じのいい雰囲気。
BL要素はまさかの山内。命を落としたと思いきや、へんないきものに変えられて、最終的に甲田と合体・・・したのかな、あれは。だったら少しは浮かばれるかもしれません。

3巻の刊行予定は今年の秋だそうです。次でたぶん最終巻。
ハッピーエンドになりそうな予感はあるけど、諸星先生がどう「箱」を畳んで、あるいは開いてくるか。

楽しみでしかたありません^^

posted by まさの at 00:47 | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179593542

この記事へのトラックバック