2017年04月26日

『メグレと深夜の十字路』

わたしの大好きな俳優のトム・ヴラシアさん。

出演作がなかなか日本で公開されないのが悩みですが、こんど
英ITVのテレビドラマ『メグレ警視』
シーズン2 "Maigret's Night at the Crossroads"
(ドラマでのこの話の邦題はまだ不明。原作邦題は『メグレと深夜の十字路』)に出演されるので、とても嬉しいです^^

ドラマの原作は、ベルギー人作家シムノンによるミステリー小説。
主人公はフランスの警視メグレで、原作もシリーズになっています。
過去にもドラマ化されていますが、今回の主演は『Mr.ビーン』のローワン・アトキンソン。
『Mr.ビーン』は若い頃お友達に「最高だから観て!」とDVDを貸してもらいました。笑いのツボが違ってわたしはハマれなかったけど、強烈な印象が残っています。
今回のメグレでは、ローワンさん、シリアスな演技がとても好評みたい。

気になるトムさんが演じるのは Carl Anderson という男。
隻眼のベルギー人貴族で、とある奇妙な殺人事件の容疑者。重要な役どころです。
ご本人のインスタグラムに、顔半分に特殊メイクを施したときの写真があって、実に絵になる迫力でした。
トムさんならタニス・リー『平たい地球シリーズ』の狂気の君チャズを演じられる!と確信する身としては、この配役を決めた監督(なのかな?)に同志を見た気分。

日本での公開はAXNミステリーで。
シーズン1(全2話)の初回放映は終わってしまいましたが、5月4日の夜に1話が放映される模様。
シーズン2の"Maigret's Night at the Crossroads"が放映されるのはまだ先でしょうが、観られる環境にある方は、シーズン1から要チェックかも。
『刑事フォイル』のプロデューサーや『名探偵ポワロ』『ミス・マープル』の脚本家といった制作陣が手がけるドラマなので、ハズレなさそうです。

メグレと深夜の十字路
メグレと深夜の十字路

原作が気になるので図書館で『メグレと深夜の十字路』(河出書房新社)を借りました。
画像リンクサイトとのアクセスが悪く、画像なしですみません。
メグレシリーズは『メグレと殺人者たち』しか読んだことがなかったなあ。
今は古本か電子書籍しかないようです。

邦訳ではCarl Andresen はカール・アナセンとなっていました。
「三寡婦の家」と呼ばれるいわくつきの家に住む謎めいた外国人兄妹、さらに謎めいた殺人・・・
ドラマチックな展開のはずなのになぜか地味というか淡泊なのは筆致のせいでしょうか。
勤勉実直なメグレが鋭い観察眼と冷静な判断で事件を解決していきます。
ラストはちょっとポワロの『ヘラクレスの難業』を彷彿とさせました。
ドラマでは変わる挿話もあるでしょうが、原作邦訳を読んだ限りカールは怪我ばかりしているので、トムさんファンとしては楽しみ心配です。

『クロッシング・ライン 3』のDVD化を待っているところに、またひとつ、待つ作品ができました^^ 

トムさんは2017年カンヌ映画祭の短編部門の審査員もされています。Super!
短編の映像作品に興味のある方は、Nespresso「TALENTS 2017」から見られます。
わたしは心の目と耳でだいたいの雰囲気を楽しんでいます(笑)




posted by まさの at 20:51 | TrackBack(0) | 映画・ドラマ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179566401

この記事へのトラックバック