2017年02月05日

高尾山に行きました(2017.2.4)

先日の里山活動(作業はひたすら落ち葉かき。でもたのしい^^)で、山によく行かれる先輩と高尾山の話をしました。
毎冬、シモバシラ(植物名。冬になると枯れて裂けた茎から出た水分が凍りつき、氷の花と呼ばれるほどきれい)を見に裏高尾に登られるとのこと。

高尾山ビジターセンターの情報を見ると、全山乾燥していて、今年のシモバシラはシーズンを過ぎてしまった様子。

シモバシラ探索はまたにすることにして、今回は魔除けの天狗のうちわを買いにいきました。
毎年2月、高尾山薬王院で求め、丑寅の方角の窓に飾っているのです。

ふだんはオーソドックスな1号路を行くのですが、今日は浄心門から左にそれて3号路に入りました。
ヤマルリソウが咲き出したらしいので、群落があるという3号路なら見られるかな、と期待。

201702041.JPG
渡った木の橋は4つ。
なだらかな道が続きましたが、カツラの林に入ったあたりから階段の連続。
落ちたカツラの葉は枯れきっていて、秋に高尾の実験林で体験した、あの独特の甘い香りはしませんでした(そのときの記事はこちら)。

そして今回、3号路ではヤマルリソウ見つかりませんでした;;

201702042.JPG
花といえば、スミレがひとつ咲いていたくらい。

201702043.JPG
これはカタクリの葉だと思うんですが・・・

201702044.JPG
道の端にたくさん落ちていたふわふわ。
アザミの冠毛っぽいですが、種がいかつい。
どうも、キジョラン(裂開した実のほうは、やはり高尾の実験林に行ったとき見た)の種みたいです。
青いのはジャノヒゲの実と思われます。

旦那が職場の法事続きでお疲れ気味だったので、山頂にはいかず、3号路を抜けたところから薬王院方面へ。

201702045.JPG
途中にあった窟の弁財天。

20年ほど前、山伏体験がしてみたくて、高尾山主催の峰中修行に参加したことがありました。
年配の真言宗信徒の女性が夜にここに連れてきてくれ、蠟燭の明かりの中で般若心経を唱えました。
読経の声が洞窟の暗闇にうわんうわん反響し、無宗教のわたしも厳粛な雰囲気に浸ったのを思い出します。

昔のこと+夜だった+方向音痴のせいもあり、高尾山のどこに洞窟があったのか、ずっとわからないでいたのですが、観光客がひょいと入れる場所にあったとは。

そのあと薬王院に向かい、古いうちわを納めて新しいうちわを購入。
いつもの権現茶屋でラーメンをたべて帰りました。

201702046.JPG
天狗ラーメン。
天狗のロマン棒・・・もとい雑穀棒がモチモチでおいしいです。
スープは豆乳ベースで割とあっさり。
黒い焼き石(画像ではスープ液面の右上あたり)を入れてくれる謎の演出あり。天狗礫にあやかっているのだろうか。

201702047.JPG
ケーブル乗り場近くからの展望。
霞んで見えるはランドマーク。富士山こそ見えませんが、よい見晴らし。

今回は、シーズンオフのため観光客もすくなく、ゆっくり探索することができました。

子どもによると、3号路は小学校の遠足でも歩いた道だとのこと。
自然観察路と呼ばれるルートなので、本格的な春が来たら、もう一度歩いてみたいです^^


タグ:高尾山

posted by まさの at 00:02 | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178660606

この記事へのトラックバック