2017年05月10日

清里のフデリンドウほか

連休の間は二泊で清里に行っていました。
母が一念発起で山小屋をリニューアルしたので、片付けのお手伝い&植樹が訪問の主目的。

201705101.JPG
フデリンドウ(14:10撮影)。
凛としつつも、このかわいさ!

子どものころ、植物図鑑の絵を眺めながら、いつか野外で見つけたいなあ・・・と願ってきた花のひとつ。
草丈は小指ほどもありません。
春に咲く青花のリンドウの仲間は、フデリンドウとハルリンドウ(この花も見つけたい!)。
高地に生えて、葉が丸みを帯びているのがフデリンドウ、低湿地に生えて葉が尖っているのがハルリンドウ。
母の故郷、佐賀県の峠に咲いていたというちいさなリンドウは、どっちだったのだろうか。

201705102.JPG
14:19撮影。
見つけてから10分もたたないうちに花が閉じ始めました。早寝派?

201705103.JPG
子どもの骨折の治りが遅いので、湯治をかねて清里丘の公園の天女の湯へ。
建物の玄関近くから眺めた、薄桃色の富士山。

201705104.JPG

201705105.JPG

道の駅きよさとの鯉のぼり。


201705106.JPG
以前お花見バスツアーで行った神代桜はもうシーズン終了していましたが、「ともにこの森」の敷地内では、カラマツの新緑を背景にサクラが満開。

201705107.JPG
5月。
緑も深まる、よい季節ですね。




posted by まさの at 00:37 | 草木花