2016年09月29日

カマキリとハリガネムシ

(カマキリとその寄生虫・ハリガネムシの画像があります。苦手な方はご注意ください)



今日、家の近くの川沿いの道を歩いていたときのことです。
突然、どこからともなく1匹のカマキリが飛んできました。
そして、ものすごい勢いで川の中にボッチャンとダイブ。
これはもしかして・・・?しまった、デジカメ持ってない!

iPhone片手に見守っていると、カマキリはすぐに岸辺に這い上がりました。
そのお尻から、びゅるんと現れたのは・・・やっぱり!

201609291.JPG
ハリガネムシ。

201609292.JPG
ツルツル出てくる。長いです。

201609293.JPG
カマキリが飛んだはずみに、ハリガネムシはポトリと生み落とされ(画面中央、石畳の横)、

201609294.JPG
クネクネうねって(画面中央の茶色い葉と石畳の間でくるんとしている)、

201609295.JPG
自力で水辺を探り当て(画面上、左端と中央のシダの葉の間に見えるのがハリガネムシの先端。画面右端が川の水面)、

201609297.JPG
川の底に悠々、長々、落ち着きました(画面中央より左寄り)。

201609296.JPG
近くのブロック塀に逃れていた宿主のカマキリ。何を思うのか。

用を済ませ、およそ5分後に同じ場所を通りかかると、カマキリはいなくなっていましたが、ハリガネムシは同じ川底にじっとしていました。
ここでパートナーとめぐり会うチャンスを待つことにしたのかもしれません。

ハリガネムシは、カマキリやカマドウマに寄生する生きもの。
先の月曜、家族と、その変わった生態について話をしたばかりでした。
この時期、道路にたくさんの轢かれたカマキリ&ハリガネムシのペアがいるもので・・・。

ハリガネムシは実は水生。成体は水中で交尾・産卵します。
微細な幼生のときにヤゴなどの水生昆虫に摂取され、その体内で殻をつくって休眠。
水生昆虫が羽化して地上に出、カマキリやカマドウマなどに捕食されると、今度はその体内で寄生生活に入ります。
寄生された昆虫は生殖能力を失うばかりでなく、ハリガネムシが成熟して水の世界に帰りたくなると、タクシー代わりに利用されます。
なんと、水の中に飛び込むよう、脳をコントロールされてしまうとか。

カマキリのものすごい勢いでの入水も、マインドコントロールされたせいなら納得です。
でも、すぐ水から出ようとしたところを見ると、あのカマキリは自分を完全に見失ってはいなかったようです。
宿主の体質によって暗示の利きが悪いとか、コントロール下手なハリガネムシがいるとか、あるのでしょうか。
カマキリが意志強固で、最後の抵抗を試みた可能性もあります。

時間にしたらものの数分ですが、すごいドラマを見てしまいました。




posted by まさの at 23:46 | TrackBack(0) | 生きもの

清里のキノコA(2016.9.17〜18)


201609281.JPG
キープファームショップの近くに、毎年出ているノボリリュウタケ。
ドイツで好まれている食菌とのこと。トムさんも知っているかな〜^^

201609285.JPG
萌木の村にて、イヌセンボンタケ。

201609282.JPG
子のう菌の仲間?ちいさくて白い、ドラえもんのしっぽみたい。

201609283.JPG
シロキクラゲ。

201609284.JPG
不明菌の幼菌。
まわりにあるコップ状のキノコは、植木鉢の中にもよく見かけるコチャダイゴケ。
キノコというと、傘の襞から胞子を飛ばすイメージがありますが、チャダイゴケの仲間の胞子は、コップの底にあるつぶつぶの中。
つぶつぶが雨を受け、コップの外へ弾け飛んだときに胞子を拡散するという、いっぷう変わったやり方で増えます。

道の駅きよさとで売っていた地場産キノコのみなさん。

201609286.JPG
アイシメジ、ムラサキフウセンタケ、クマジシタケ、○○シシタケ、ハタケシメジ、オオモミタケ。
○○の部分は画像が不鮮明でわかりません。見た直後は覚えていたのに><「シシタケ」なので、コウタケの仲間でしょうか。

201609287.JPG
ホンシメジ、クロカワ、マツタケ。ちょっとハイソなメンバー。

庶民的なお値段だし、分別の難しい茶色いキノコの勉強になるし・・・と、今回はハタケシメジ(500円)を購入。
観察した後はベーコンと炒めておいしく食べました。

が、岡山県の道の駅では、毒のあるクサウラベニタケがハタケシメジと誤って売られてしまい、食中毒が出たというニュース。
プロでも間違えるのですから、どこにお手本を求めればいいのやら・・・!

何はともあれ、場数を踏むのが一番、ということで。
25日の日曜、御岳ビジターセンター主催のキノコ観察会に子どもと参加してきました。

後日レポいたします。

タグ:キノコ

posted by まさの at 00:19 | TrackBack(0) | キノコ

2016年09月24日

清里のキノコ@(2016.9.17)

三連休に行ってきた清里で見たキノコたちをご紹介。

201609231.JPG
アカヤマタケ
体質によっては酒酔いに似た症状を引き起こすこともあるそうです。
以前、自分ひとりの飲むお味噌汁に1本だけ入れて食べてみましたが、ビジュアル系ナメコという感じ。体のほうにも幸い影響ありませんでした(あくまでわたし個人の話)。

201609232.JPG
カヤタケ
名前は家に帰って調べてから判明。食用キノコ。
(カヤタケと似ていて誤食の多い、悪名高いドクササコは、幼菌も成菌も縁が内側に丸まっている)

201609233.JPG
ニオイコベニタケ
道の脇のプランターを背中にしょって、けなげです。まるで地球を運ぶアトラスのよう。


201609234.JPG
ホコリタケ老菌のコロニー
連日の雨に打たれて胞子を噴き出し、ひと仕事終えた感じ。お疲れさま。

201609235.JPG
ホウキタケの一種

ここまでは、山小屋の庭とその周辺のキノコ。

所用があり、まきば通り沿いの一角に車を停めたら、とある木の上のほうに・・・

201609236.JPG
なにか気になるものが!
デジカメでめいっぱいズームしてみると・・・

201609237.JPG
ヌメリスギタケか、ヌメリスギタケモドキと思われるキノコの姿が。
異次元の裂け目から出現した感が満載。

雨に濡れたわりにはヌメリ感のないのが気になりますが、スギタケ属には違いない。
うしろにあるのはプラタナスっぽいですが、生えている樹種がいまいちよくわかりません。

樹種の同定や周辺環境の観察も、キノコの同定をするには大事なポイント。まだまだ修行が足りないです。

清里のキノコA(2016.9.17)に続きます。
タグ:キノコ

posted by まさの at 00:25 | TrackBack(0) | キノコ