2016年05月26日

『BEAUTY BEHIND THE MADNESS』

英語の耳慣らしにと、たまに聞いているAMのAFNラジオ(東京は810kHz)。
たびたび流れる歌がとても耳に残るので、気になって調べたら、エチオピア系カナダ人アーティスト・THE WEEKND(ザ・ウィークエンド)の『IN THE NIGHT(イン・ザ・ナイト)』という曲でした。
最新アルバム『BEAUTY BEHIND THE MADNESS(ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス)』に収録されていると知り、近所の新星堂で購入。

Beauty Behind the Madness
髪型がえらいことになっていますが、『クロッシング・ライン』でアラベラさんのボンバーヘアーを見慣れているので問題なし。

レジに行ったら、R&B好きそうな若い店員さんが
「この人、すごくいいですよね〜!」
と嬉しそうに話しかけてくれました。
「声質がマイケル・ジャクソンにそっくりで・・・」
とのこと。
マイケルというと、帽子かぶって、スリラー踊って、アオッとか言う人かな、あとはネバーランドかな、くらいの認識しかわたしにはありません。
我ながらなんと引き出しの少ない客なのか。

「『IN THE NIGHT』を好きになったんですけど、他の曲はまだ聴いたことないんです」
と言ったら、
「お休み前に聞くのにちょうどいいバラードもあるし、元気の出る曲もいっぱい入ってますよ。楽しみになさっていて下さい!」
全力の太鼓判で、ニコニコ見送ってくれました。

わたしがもし
「諸星大二郎の『暗黒神話』は面白かったけど他の作品は知らない」
という人と出会ったら
「『マッドメン』や『妖怪ハンター』シリーズも民俗学テイストが濃くていいですよ。『栞と紙魚子』シリーズは肩の力抜いて楽しめますし、長編OKなら『西遊妖猿伝』とか・・・」
等々お勧めすると思います。
きっとそのときのわたしは、あの店員さんと同じ表情になっているはず。

家で聴いたらみごとにアルバム全体にハマってしまいました。
昨年から全米ナンバーワンヒット曲を出したりグラミー賞を受賞したりと、とてもメジャーなアーティストだったんですね。

ピュアな思いとあざとい欲望が混在したきわどい歌詞を、きれいな声でさらりと歌っています。
男と女、人と人とが「共依存」の関係で、しかもその関係にほとんど中毒している。
その是非を問うわけではなく、ただ、のっぴきならない情景として脳裏に刷り込んでくる、危うい魅力のある音楽でした。

posted by まさの at 22:58 | TrackBack(0) | 音楽

里山活動(2016.5.26)

今日は臨時の里山活動。
作業はサツマイモの苗の植え付けと、ジャガイモの土寄せです。
合間に竹林のタケノコを収穫させてもらいました。

記事にできませんでしたが先週の活動ではサツマイモの畝づくりとタケノコ・ツタンカーメンのえんどう豆の収穫などをしています。

201605261.JPG
11月に植え付けてからしばらくの間「毛が三本」状態だった玉ねぎの葉も元気に伸びて、根元にはちゃんと新玉ねぎが。これから六月にかけて育っていくそうです。

201605262.JPG
頂いたタケノコたち(先週の画像)。
上の二本はマダケ、下の二本はホテイチク。
皮の十二単の着こなしが、竹の種類によって違いますね。

モウソウチクのタケノコは地面に顔を出す前にクワで掘り上げますが、マダケとホテイチクのタケノコは地面から顔を出しているのをぽきぽき折っていくので、作業の合間でも収穫できます。
クワで掘り上げる達成感とはまた違った楽しさがあります。
やはりぽきぽき折って採るタイプのタケノコ、ネマガリタケについて、収穫に夢中になっているうちに山深く分け入って遭難してしまう・・・という話をどこかで読んだことがありますが、すごくよくわかる気がしました。

採りたての若いタケノコはえぐみがないから生で食べれらると教えて頂き、かじってみたら本当にえぐくないのでびっくり。
これは、熊が好きなわけですね。

下ごしらえはモウソウチクのときと同じで、米のとぎ汁や米ぬかと一緒に水から茹で、茹で汁の中で冷まします。
タケノコご飯が続いていたので、今回は薄切りにして醤油につけこみ、小麦粉と片栗粉をまぶして揚げ焼きにするやりかたで頂きました。
「ホテイチクはおいしいんだよ」と農家のKさんがおっしゃった通り、はじめて食べるホテイチクのタケノコ、とてもおいしかったです^^

201605263.JPG
まっすぐな畝を作るため、畑の端から端へ紐を張る先輩のみなさん(先週の画像)。
畝を起こす場所の両脇に溝を掘って、要らなくなった縄や米ぬかを埋め込み、肥料にします。
それから畝起こし。
ちょっと参加してみましたが、わたしの作業した場所だけ畝がウネウネ〜

今日はその畝にサツマイモの苗を植えました。元気に育ちますように!

ジャガイモの土寄せは男性陣がやって下さってました。
ジャガイモは種芋より上に子芋ができるので、収穫までに2回ほど株元に土を寄せておくと
・子芋の育つスペースが広くなる
・子芋が光に当たって皮が緑になってしまう(微毒が生じる)こともない
らしいです。

201605264.JPG
馬鈴薯の花咲く頃となりにけり by石川啄木

201605265.jpg
「摘んでも摘まなくてもいいけど、人手があるなら摘んじゃおう」ということで摘まれたジャガイモの花を分けて頂きました。
実の形はトマトによく似ているけれど、確か毒があったはず・・・
かわいい花なので、マリー・アントワネットのように髪飾りにしてみたくなりますね。

うちで育てているジャガイモも、今のところ元気で育っているので、いずれご紹介させて下さい。
ちなみに品種は「デストロイヤー」。もちろん名前で衝動買いです。



タグ:里山活動

posted by まさの at 14:21 | TrackBack(0) | 里山活動

2016年05月19日

『草木と共に生きる甲虫』講師:和田武久さん

西多摩昆虫同好会の和田武久さんが国分寺市のエックス山に関する学習会で講師をされます。
講演タイトルは『草木とともに生きる甲虫』。
同時開催は森林インストラクター資格を持つ方による講演『葉っぱの話』。

日時:6月4日(土)13:30〜16:00
場所:恋ヶ窪公民館会議室
参加費無料。要予約。定員15名。お申込み先は下記チラシご参照下さい。

xyama.jpg
(クリックで拡大表示)

和田さんとは直接お会いしたことはないのですが、母の西沢杏子がHPに載せているカミキリムシがご縁でお知り合いになりました。

西多摩昆虫同好会の会誌『うすばしろ』に、母のHPや私の家の玄関に来ていたカミキリの情報を載せて頂いたり、友達親子が採取したゴマダラカミキリ(死骸)の標本の画像を頂いたりと、昆虫研究の世界を垣間見せて頂いています。

今後ともご活躍をお祈りしております!


posted by まさの at 19:05 | TrackBack(0) | お知らせ