2016年04月26日

週末もろもろ

週末、大学時代の友達Nさんが小学2年生のお子さんと一緒にお泊まりに来てくれました。
4人とも本&自然愛好家なので馬が合います。

お土産でいただいた本3冊。

『濱の眞砂に――木下杢太郎詩抄』
(第24回国民文化祭伊東市実行委員会)
耽美な言葉のチョイスがなんだか懐かしい詩集。以前は白秋の作だと思って読んでいたかも。


五足の靴 (岩波文庫)
『五足の靴』(五人づれ:著 岩波文庫)
『明星』の詩人5人が九州北・西部を旅しながらかわるがわる書いた紀行文。旅先のできごとを詳細に記述する筆もノっていて、ワクワクした旅の気持ちを伝えてくれます。佐賀も通っていたんですね。

花の日本語
『花の日本語』(山下景子:著 幻冬舎)
植物の名前や生態のトリビアは知っても知っても知り尽くせない。そこがうれしい。

Nさんは、あるときは学校の先生、あるときは地理系の研究者。
やはり研究者である旦那様は、熊本の震災直後、断層の調査のため現地入りされたそうです。
支援のために段ボールいっぱい熊本の物産を買われたとのこと。
たくさんの断層の上に、あやういバランスで乗っている日本。
断層の調査研究が進み、学術的な面からも国土防災が促進されるといいですね。

Nさん親子は生き物も大好き。現在うちで室内飼いしている生き物はカブトムシの幼虫5匹。
昨年の里山のイベント「カブトムシメッケ」で捕獲したカブトムシの子どもたちです。

201604261.jpg
当初はこのように10匹いたのですが、半数が虫好きの男の子のおうちに養子に行きました。

ま「最近、昆虫マットの上に出っ放しなのが2匹いるんだよねー」
N「まさのちゃん。これ、マット乾きすぎ・・・」

表面への霧吹きはしていたものの、透明ケースから見えるマットの断面は、白っ茶けて乾いています。

ま「おー。まさに東京砂漠」
N「・・・・・・」

カブトムシ初飼育とはいえ、なんとずさんな管理なのでしょう。
見かねたNさん。
霧吹きでマットに水をかけながら底から返し、全体が黒々するまで水分を含ませるようにする作業を手伝ってくれました。子どもの頃、弟さんが飼っているカブトムシのお世話がよく回ってきたそうです。

N「カブトムシって夜に騒ぐよね(ニヤリ)」
ま「騒ぐよね(ニヤリ)」

底のほうにいた三匹をほじくり返してみると、けっこう元気で、ひと安心!
上に出ていた二匹は色が黄色っぽくなっており、なんだか蛹になる前のような・・・
劣悪な環境に危機感を抱いて早めに大人になることにしたのか・・・?

201604262.jpg
(1匹は、マットの状態が改善された現在も、頭を上に出しています。Nさんによるとマットの上で蛹になった個体は大方うまく変態できないらしいので、すこし心配)

2日め午前中は、雨上がりの武蔵国分寺公園をお散歩。
シャクトリムシやカタツムリとたわむれ、ペンペン草をベンペン鳴らして遊びました。

午後は、服部さんのアトリエでコラージュ絵本つくりのワークショップ。
お願いして個別教室してもらいました(お休みの日に、ありがとう!)。

201604263.jpg
窓のむこうの八重桜も、女子ズのおしゃべりも満開。

お見送りで駅へ向かう途上、アトリエ近くのおいしくて種類の多いベーグル屋さん「Vanitoy Bagle」にて思い思いのベーグルをゲット。
ぱくつきながら、子どもたちは親そっちのけで次に会う日程の予定をたてていました^^

posted by まさの at 10:17 | TrackBack(0) |

2016年04月21日

稲魂

木版画アーティストの服部さんを介して知り合った千葉県四街道市のコシヒカリ農家「ファームさきくませ」栗山さん。
遊びに伺ったおりに
「発芽した種籾の、余ったのがあるけど、要る?」
種籾をお風呂の残り湯につけて発芽させるというお話を栗山さんのブログで拝読し、稲、面白いなあ、と思っていたところだったので、ラッキー!とありがたく頂戴しました。

20160421.JPG
種籾が生きている感じ。稲魂(いなだま)、という言葉がふと浮かびます。

画像は、うちに連れ帰って1日経過し、だいぶ芽が伸びてしまった状態。
急いで空いているプランターにバラ撒きし、上から軽く覆う程度に土をかぶせました。
土が園芸用土(花・野菜用)しかなかったのですが、うまくいくかなあ。
前に、近所の農家さんから水槽に植えた古代米をもらったことはありますが、発芽した種籾から自分で育てるのは初めて。
首尾よく苗になってくれますように。

実家の母に話したら
「稲藁がほしいから苗ができたらうちでも育てたい!」
とのこと。
稲の枯れたあとに残る藁は、マツムシが卵を産みつける場所でもあります。
虫の詩人である母は、「日本鳴く虫保存会」にも所属。
会には、マツムシ産卵用の藁をゲットするために稲を育てている方々がすでにいるのだとか。

稲作も、虫の世界も、深いです。

posted by まさの at 09:25 | TrackBack(0) | 草木花

2016年04月20日

FC2拍手設置など

ネットでいろいろ調べてFC2拍手ボタンを設置しました。
記事のいちばん下の段です。
すこしでも面白いなと思えた記事にはポチッと一押ししていただけると、それはもう励みになります^^

今使っているこの「さくらのブログ」には拍手ボタンの設定がないのです。
さくらのサポートスタッフのメール対応は早くて親切なのですが、FC2拍手ボタンは他社コンテンツ。
設置する場合は、自己責任でHTMLの書き換え(といってもタグのコピペくらいですが)をしないといけません。

スマートフォン用の管理画面にはHTML編集の画面がなく、そのためスマホに拍手ボタンを設置することはできませんでした><
ガラケーの設定は行えたものの、手元にないため動作は未確認です。
ガラケーでご覧の方、拍手表示に問題あった場合ご一報いただけたら助かります。

コメント(はっちさん、ありがとうございました!)や使ってない外部リンクはこの際すっぱり非表示に。

記事数がようやく100を超えた当ブログ、現在は1日に10〜15名くらいの方が見て下さっている模様。
今後とも生ぬるく見守っていただければ幸いです。

posted by まさの at 17:44 | TrackBack(0) | お知らせ