2018年07月04日

ブログ引っ越し準備中


暑中お見舞い申し上げます。

現在、ブログの引越し準備中です。
引っ越し先のブログについては、形が整ってからこちらでご報告いたします。

酷暑、天災、人災と落ち着きませんが、皆さまどうぞ取れるときに涼を取り、お体大事にお過ごしください。

posted by M at 10:34 | お知らせ

2018年06月16日

ヘアドネーション

今日は娘が近所の美容院でヘアドネーション用のカットをしました。

201806161.jpg
胸の下くらいまであったロングヘア。切ったあとはボブスタイル

ヘアドネーションは、病気や薬の副作用で髪が抜けた子どもたちに医療用ウィッグを提供するためのボランティア。
ヘアドネーションの受付からウィッグ希望者への提供までを行う団体は、日本では大阪に2団体あります。

NPO法人 JHD&C(通称ジャーダック)

つな髪


医療用ウィッグを作るためには31cm以上の長さが必要。
その長さに達していなくても用途はあるとのこと。
詳しくはそれぞれの団体のHPをご覧下さい。

どちらの団体に送るか迷いましたが・・・
図書館でこの本を読んだご縁で、今回はジャーダックのほうに送ることにしました。


『髪がつなぐ物語』 別所芳子:著(2017年文研出版)

201806162.jpg
郵送したもの
・髪の毛(バラけないよう袋に入れた)
・性別・年齢・ヘアカラーやパーマの有無などを記したヘアドナーシート
・受領証の返信用封筒(裏表住所記入&82円切手貼付。受領書希望者のみ)


ジャーダック、つな髪とも、ホームページで賛同サロン(美容院)が検索できます。
美容院によっては郵送まで請け負うところもあるようです。

うちの場合は、前に近所の美容院で普通のヘアカットしたとき、担当してくれた美容師さんがヘアドネーション用のカットをやったことがあると話していらしたので、今回もその方にお願いしました。

美容師さんにも訊かれたのですが、ドネーションを思い立ったきっかけは、やはり、昨年8月に乳癌で亡くなった姉の存在です。
姉は昨年4月まで記者として外に出て働いていました。
治療の副作用で髪は抜けていましたから、「ウィッグの存在は大きいよー」と言っていました。
大人用の人工毛ウィッグは質のいいものがたくさんあるけれど、子ども用のは現在は寄付の髪に頼ってつくられているようです。
自分自身の子どもは持たなかった姉ですが、日本の子どもたちのこれからのことをよく心配していました。
そんな姉をしのぶ意味でも、子どもたちのウィッグをつくるヘアドネーションに参加したいと娘に話したら、「わたしもやる」と。
娘の方が髪が長く、移動教室を控えてサッパリしたいということもあり、今日ドネーション決行となりました。

わたしの髪は今やっと肩下くらい。まだまだ長さが足りません。

「切り口から先端まで31cmの毛束をつくるには、実質32、3cmカットすることになります」by美容師さん

根気よく伸ばしていきたいと思います^^


posted by M at 16:50 | もろもろ

2018年06月12日

アシタバのおかずケーキ


毎年こぼれ種から生えてくる庭のアシタバ。
キアゲハの幼虫を4匹育み終えたので、そろそろ人間がちょうだいすることに。
肌寒い日だったので、ブレンダーかジューサーミキサーがあれば作れる簡単おかずケーキを作りました。
備忘録代わりにレシピをば。
ブレンダーで卵も一緒に泡立てるので、ふわふわに仕上がります^^

材料(大きめマドレーヌ型9個分。ミニパウンド型なら2個分)

[ブレンダーで混ぜる]
アシタバ・・・2本
卵・・・2個
牛乳・・・80ccくらい

溶かしバター・・・50gくらい
ホットケーキミックス・・・1袋(200g)

[具材]
スライスチーズ・・・2枚
ウインナー・・・2本
にんじん・・・3cmくらい

[調味料]
塩・・・3つまみくらい(バターが有塩なら不要かも。お好みで)
こしょう・・・適量


つくり方

1 具材、溶かしバターの準備
・スライスチーズ、ウインナーを小さく切る
・にんじんは賽の目に切り軽く茹でるorひたひたの水と一緒に耐熱皿に入れ、ラップしてレンジでチン
201806124.jpg

・バターも湯煎or耐熱皿にレンジでチンして溶かし、粗熱を取っておく

2 アシタバ・卵・牛乳を徹底的にブレンダーにかける
201806121.jpg

3 粗熱の取れた溶かしバターに2を加えて混ぜる(バターがちょっと分離するがドンマイ)
201806122.jpg

4 ホットケーミックスと塩こしょうを加え、切るように混ぜる
201806123.jpg

5 粉っぽさがなくなったら具材を混ぜる(茹でにんじんをトッピングに使うならすこし残しておく)
201806125.jpg

6 型に入れ、余熱したオーブンで170〜180℃にて30分前後、様子を見ながら焼く

焼き色つけないほうがグリーンが鮮やかでいいと思うので、低めの温度でじっくり焼きましょう
201806126.jpg

1回作って気に入ったので、にんじんトッピングバージョンでリピしてみました。

201806127.jpg
図工の成績は悪くなかった。でも、いいほうでもなかった


生のアシタバを使うため、食後にかなりアシタバ感(苦み)を感じます。
が、普段の調理だと絶対アシタバを食べられないうちの小学6年、このケーキは食べられました。
それでも苦みを抑えたい方は、茹でてから使ったり、アシタバの代わりに小松菜や、茹でホウレンソウを使ってみてもいいと思います。

梅雨の憂鬱を吹き飛ばすフレッシュグリーンのおかずケーキ。
おすすめですよー^^



タグ:料理

posted by M at 17:04 | 料理