2017年02月20日

里山活動&目白再訪&雪の王国

去る木曜日は里山活動。今回もひたすら落ち葉掻きでした。

201702201.JPG
里山仲間のOさんに撮ってもらったわが勇姿。

Oさんは地面、わたしは落ち葉溜めの落ち葉の山の上。
積み上げた葉に膝まで埋まりつつ、持ち前の体重を活かして踏み潰しているところです^^
長靴とズボンの間に隙間があると、枝葉が入ってけっこう痛い。
わたしの長靴とズボンの間にはほとんど隙間がなく、落ち葉踏みには適任。
なぜ隙間がないのかは、推して知るべし。

春一番の吹き荒れた金曜は、目白で服部さんの個展を観てきました。
お友達3人(そのうち1人は服部さん)と一緒にバニエドレギュームでランチ→貝の小鳥で個展鑑賞→エーグルドゥースでお土産選び。
お話に花が咲き、超充実!の半日でした^^

201702202.JPG
かわいい新作手作り本!


日曜日。
山形旅行で一緒させてもらったAさん親子と、西武園遊園地の『雪の王国』へ。
気合を入れて開園前に並び、まっしぐらに雪遊びスペースを目指して、数に限りのあるレンタルそり(有料)や雪遊び用具セット(無料)などをゲット。

201702203.JPG
オレンジ色のポールとネットで仕切られた、雪遊びエリアと

201702204.JPG
そり滑りエリア。
子どものふたり乗りは禁止されてました。

母ふたりはほとんどストーブのあるテントの下で語り合っていました。
こじんまりした「王国」のため子どもたちがどこにいるか常に見えて安心。
スキー場で遊んだことのある子には、ちょっと物足りないかも。

うちの子どもはスキー用手袋を持っていないので、普通の毛糸の手袋の上に使い捨てのポリ手袋(Sサイズ)を着けさせてみました。
4時間ほど遊ぶ中で破れたり、内側が濡れたりで、持参した3セットを使い切り。思い付きでやったわりに有効だった^^

201702205.JPG
園内で遅めのお昼を食べてから、子どもふたりは大観覧車に。
(画像は園内の出入り口付近から撮影したもの)

名残を惜しみつつお別れしました。
春休みには何をして遊びましょうかねえ。


posted by まさの at 17:13 | TrackBack(0) | もろもろ

2017年02月11日

俳句一句


舞い終えて蝶に千秋楽の雨


『第20回毎日俳句大賞2016作品集 大地の俳句』に上記の一句を掲載していただきました。
拙作は選外ですが、こちらの作品集は、応募者の俳句はぜんぶ載せてくれます^^

「大地の俳句」と一般の部の募集があり、わたしは一般で応募。
「大地の俳句」のほうは震災がらみの句が多いように思いました。

入選作への選評、各地の結社の方々の作品もありました。
結社代表者おすすめの「大地の俳句」とその作品評の企画も。
その道で一家言あるひとのオススメは、おもしろいし、勉強になるので、ありがたいです。


posted by まさの at 23:39 | TrackBack(0) | 俳句

2017年02月10日

4年生に読み聞かせ

先日、小学校に朝の読み聞かせに行って来ました。
担当は、自分の子どものいる4年生のクラス。
1年生のときからやっていますが、持ち時間10分間という制限があるので、毎回、選書に悩みます。

今回は、『こねこのみかんとこおりのたね』。

ただいま目白で個展を開催中の木版画家・服部奈々子さんの作った絵本です。
個別受注や、電子書籍でも販売中)

どらねこザクロがぶつけた氷の種で、森も友だちも凍らされてしまった!
みんなを助けるために勇気と知恵をふりしぼり、人(?)脈を作ってがんばる、こねこのみかんが健気です^^
子どもたちは、ザクロの最後のドジにツッコミを入れながら、しっかり聴いてくれました。
「挿し絵はぜんぶ木版画だよ」
と教えると、えー!とびっくり。
とかく、渋い印象のある木版画。
かわいい絵柄とカラフルな色彩で、いろんな表現ができるということに、気づいてもらえたらうれしいですね。

8分ほどで読み終えたので、おまけにうちの母の詩をひとつ読みました。

詩集 有象無象
詩集 有象無象
から、「フツーでいるために」。

 フツーでいるために/なんだかまだ/言葉になりたがっていないことをしゃべる/じくじくじく

 おーらららら ぶくぶくぶく/フツーでいるために/なんだか必死でうがいをする

(「フツーでいるために」より抜粋)


4年生ともなると、同調圧力という言葉は知らなくても、そういう雰囲気を感じてつらくなる子も出て来るころでしょうか。
フツーとかフツーじゃないとか、大人の世界でもよく云々されます。
自分の心が元気で、ひとを害したりしなければ、フツーから外れちゃったっていいじゃない、と思いますけどね〜^^

緊張しましたが、ときどき本から顔をあげて子どもたちの様子を見ながら読みました。

図体は大きくなって言葉も達者になりましたが、みんな顔がキラキラしていて、あー、まだまだかわいい年代だなー、と思いました。

posted by まさの at 13:54 | TrackBack(0) |